• 1-800-123-789
  • info@webriti.com

マイホームは価格だけでは決められない

賃貸住宅からマイホーム購入を考えた時に、いくつか選択肢があると思います。
家族構成や収入、生活スタイルによってはマンション購入が向いている家庭もあるかと思いますが、庭の有る戸建て住宅を希望する家庭も多いのではないでしょうか。
戸建て住宅の購入を検討するにあたっても、新築、中古、注文、建売と選択肢はあります。
家庭の事情にもよるので一概にどれが良いとは言えません。
いずれにしても自分たちなりの住宅選びの基準を持って検討していいくことが大切です。
通勤や通学を考えた時の立地と周辺環境は重要ですが、その他にはやはり住宅そのものが暮らしやすいかどうかはしっかりと見極めたいところです。
わが家でもいろんな住宅を検討しましたが、注文住宅を新築するというのは家庭事情として無理だったので、建売か中古住宅での検討となりました。
ある程度のエリアを決めて不動産におすすめ物件が出た時に内覧させてもらったり、勉強のために新築建売の住宅も見学しました。
居る程度の数を経験することで好みや実際に住むとなったときのイメージが湧くものです。
住宅の立地ではなく建物そのもので言えば、日当たりや風通しはしっかりチェックしたいところですし、窓のサイズも結構重要です。
実際に完成しているからこそ確かめることができるのですが、向きは良くてもサイズが小さいために風が意外と通らないということもあります。
また、窓枠が床から数センチ上がっているだけでも風通しと掃除のしやすさに影響するのも見落としやすいポイントです。
このようにある程度の見学などをして基準を持って住宅選びをするようにすると良いと思います。