• 1-800-123-789
  • info@webriti.com

「マイホームに住めなくなる」ことも想定しましょう

マイホームは普通の人であれば一生に一度の大きな買い物だと思います。そういうイメージがあるので「どうせ死ぬまで住み続けるのだから」という考え方で物件を選んではいないでしょうか。これまでも新興住宅地にたくさんのマイホームが建てられ、多くの人が買われました。しかし数十年たったマイホームを見るとワンオーナーでずっと住み続けている人の割合はそれほど多くないのです。金銭的な事情や仕事の都合もあるのですが、年月を重ねると家庭環境が変化します。そしてそれ以上に自分自身の加齢による環境への適応能力が変化します。丘陵地のマイホームを買ったけれど歳をとって足腰の弱さに耐えきれず引っ越したというケースは数多くあります。そのためマイホームを買われる時には「売らなければいけないとき」や「人に貸さなくてはいけないとき」がある事を想定されることをお勧めします。このような事態になってしまった時に、他の誰かが買ってくれたり借りてくれるような条件がそろっている物件を選ぶようにしてください。そうでないと自分が住むことができなくなっているのに、家は空き家で放置され維持費ばかりかかってしまいます。

健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣内職 アルバイト英語上達の秘訣貯蓄生命保険の口コミ.COM童話SEOアクセスアップ相互リンク集ショッピングカート工務店向け集客ノウハウ